人気ブログランキング |

尚美学園大学:劇団SHOW日記

tetsubin4.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 28日

■5/27(金)~セッションチーム活動開始・・★ BYごんたろー

■5/27(金)~セッションチーム活動開始・・★ BYごんたろー_a0137821_0111614.jpg
■■【活動内容】
▼今日は初セッションチームの活動をした。S110組はおーたーが去年のセッションDVDをもってきてくれて、しばし観賞。
・こーせーが若かった。
・まさよ氏は髪型が可愛かった。
・たかは去年も相変わらず長身だった。
・ごんたろーは若干痩せてたそうです。(おーたー談)
見た一年生は大体、どんな感じなのかはわかったかな?他の一年生にも見せたらよかったかしら?ごんたろーはDVDを見て、去年のあの大人数の演劇人たちの熱気を思い出し、ワクワクが募ってきますた。オープンまで待ち遠しい!一年生にもあの楽しさを早く味あわせてあげたし。
▼こーたろー、ごんたろー、けんたろーの指名手配チームはDVDを見た後、けんたろーの代役を探しにN310へトコトコ。けんたろーのかわりにひろしたろーに代役をつとめてもらいますた。各チームなかなか楽しくやっているようですた。一年生もセリフさえ覚えちゃえばすぐにでもセッションできるぜって感じだったと思われます!(プレッシャーだったらごめんなたい。)とにもかくにも、セッションは皆楽しんでやってもらいたい!好き勝手やって「演劇って楽しい!」って感じてもらいたい!多分、こんな沢山の団体が集まって、一緒にできるなんてなかなかないことだから、目一杯楽しんでもらいたいな。

■■【感想】
▼個人的な感想になってしまいますが…。一年コントの演出をしている二期生をひそかに羨ましく思っていたごんたろーは今回初めて一年生とコントやって嬉しかったのです!もっともっと一年生と一緒にやりたいし、絡んでいきたいでふ。そんな感じっす。
▼そしてオムニのほうも気になってたりします。
先輩たちのオムニ期待してまっせ!ワクワク!!明日はきっと全員セリフ覚えきて、演出にビシバシしごかれてることでしょう!一年生も楽しみにしてると思うので「さすが先輩!」って思われるようなものを、短期間ではあるけどつくっていこう!
▼さてさて梅雨入りしましたね。明日も雨が降るそうなので傘を忘れずにね!風邪にも気をつけよう!


by tetsubin4 | 2011-05-28 00:06
2011年 05月 27日

■5/26(木)~新歓翌日の練習・コント本格化・・★byほなほな

■■【活動内容】
▼親不孝、暴走族はかずおTIME
▼その他はシアター、AVでコント練習、かずおTIME見学
■5/26(木)~新歓翌日の練習・コント本格化・・★byほなほな_a0137821_15291477.jpg
■■【感想】
▼はじめに昨日の新歓お疲れさまでした!たくさん呑んで騒いだ後、みなさんどんな一夜を過ごしたのでしょうか…お疲れモードでしたが大丈夫でしたか?
▼スイカ組は昨日の試演会の反省会をしてからの練習。テンポが大事ですね…。ケンカのシーンなどテンポよく進めていけばもっと迫力が出るのですかね…。とにかく早く若林先生に演出をしていただきたいスイカ組であります!!
▼来週からひろし先輩が教育実習に旅立つそうです!!がんばってきてほしいです!!

by tetsubin4 | 2011-05-27 15:24
2011年 05月 26日

■5/25(水)~1年コント試演会&新歓・・★by佳

■■【活動内容】
▼各教室でコント練習。
▼5時から1年生の試演会。▼7時から『わん』で新入生歓迎会。
■5/25(水)~1年コント試演会&新歓・・★by佳_a0137821_15313263.jpg
■■【感想】
▼今日は1年生の試演会だったので、とても緊張しました。初めてのシアターでの通し。照明や音響を使っての本格的な芝居は緊張もしましたが、普段と違う感じでコントができて、楽しかったです。
▼初めて見るコントも前に見たコントも変わっていてすごい面白かったです。
▼試演会の後の新歓も仲さんと下沖さんも来てくださってとても楽しい1日でした。
▼おーぷん3まで練習できる日がもう少ないので部員一丸となって頑張っていきましょう!

by tetsubin4 | 2011-05-26 22:15
2011年 05月 25日

■5/24(火)~コント試演会前日・・★by茜さん

■■【活動内容】
■5/24(火)~コント試演会前日・・★by茜さん_a0137821_10582141.jpg▼シアター⇒人心
N110⇒スイカ
S210⇒もつれ、暴走
S310⇒勝手、手術
演習室⇒親不孝
オムニバス⇒演習室の外
▼スイカ割り組はめぐ先輩のスパルタ演出の下、ほなほなが来るまでCの出をひたすら。ほなほな来てからはキャラを固めて何度か通して練習。衣装も決めました。

■■【感想】
▼声出してこおおぉぉーっ!!練習のたびに声が出ないのがスイカ組の弱点ですかね…。
▼めぐ先輩から「遠慮すんな!」と何度も怒鳴られながらのCの練習でした。どうも遠慮からか控えめに押さえた演技になってしまうようです…反省!まこ先輩も体を張って付き合ってくれました。ボコボコにしてすいませんありがとうございましたっ!
明日は試演会ですよ皆さん…。三期生の若さと勢い全力で行きましょうっ。

by tetsubin4 | 2011-05-25 00:03
2011年 05月 23日

■5/23(月)~さあ、次は1年コントだ!・・★byタカ

■■【活動内容】
▼おーぷん3に向けてのミーティング
▼各グループに別れての1年コントの稽古
■5/23(月)~さあ、次は1年コントだ!・・★byタカ_a0137821_0164843.jpg
■■【感想】
▼天神さまの本番が終わり、今日からいよいよ若林先生による1年コントへの演出が1日2グループづつのローテーションで開始されました。
▼久しぶりのコント練習で尚且つ自分たちのグループに先生の演出が入るということで、緊張しつつ芝居がどうなって行くのかワクワクしながら稽古に入りましたがやっぱり先生の演出の力はスゴかったです。
▼稽古は、まず始めに自分たちが1本通した後に先生が演出をして頂いたのですが、先生が演出するたびに役のキャラが明確になったり、場面が面白くなったりして芝居がどんどん良くなって行き、演技をしている自分たちもとても楽しくって、あっという間に時間が過ぎていくように感じられました。
▼これから他のコントにも演出がついてそのコントが見れる25日の仮公演が楽しみになったのと同時に、自分たちも他に負けないように今日の先生の演出を基盤にしてもっと頑張って面白くしないとと思いました。

by tetsubin4 | 2011-05-23 22:41
2011年 05月 22日

■5/21後援会公演・劇団SHOWレポート4・・3期生のみ

■■以下、11.5.21後援会公演・劇団SHOW全員の感想ッス(ただし3期生のみ。1,2期生の感想は前回以前にアップしてあります。■■


<3期生>-----------------------------------------

■■ゆう
▼【感想】
初めての大きな公演でスタッフをやりましたが何もかもが初めてだったのでぼーっと突っ立ってしまうところもありました。
しかしSHOWメンバーと協力して劇をつくりあげるのはSHOWに入った理由の一つのでもあるので嬉しさや楽しさの方が何倍も上回っております。いえい。
▼【反省】
・仕事が見つけられなくて突っ立ってしまったところがあった。
・ハプニングがあっても大きな声で周りに事態を伝えることができなかった
・時間が無いと焦ってしまいがちでやる気の空回りが見受けられた
▼とにかく今回は楽しいかったですし、成功を収めたようで良かったです。
失敗も成功の素とも言いますしこの失敗にくよくよするのでは無く次回に活かせるといいです、活かします。


■■TAKA
▼【感想】
今まで高校でも大きな会館での公演はいくつかやったことはありましたが、キャットウォーク等での作業は初めてだったので、とても新鮮でした。
この公演でシアターでの演技がより楽しみになりました。


■■だーおー
▼【感想】
今回初めての演劇の公演でした。みんなで協力してひとつのモノを作り上げていくのは非常に面白くて楽しかったです。
今までに見たことのある芝居でも本番になると迫力がまるで違ってぞわりと鳥肌がたちました。危うく鳥になるとこでしたね←
▼【反省】
・仕事しよう仕事しようと焦りやる気が空回りしてしまった。
・本番後の片付けの時かなりぼーっとしてしまった。
▼最後に、今回の公演、非常に楽しかったです!ぼんぼりを作ったりするのも手伝えたし、客入れもスムーズにやることができて嬉しかったです。その直前にバカなことをしでかしたのは秘密です。知ってる人は公言禁止ですよ!
次回はもっともっと役に立てるよう全力を尽くします。公演お疲れ様でした!


■■ケイ
▼【感想】
「天神さまのほそみち」の芝居を今まで稽古を通して何度も見ましたが、見るたびに面白くなっていき、本番では今までで一番良い芝居を見る事ができて感動しました。お客さんも予想よりたくさん来てくださって成功して良かったです。
自分達も先輩達に負けない様に頑張っていきたいと思います。


■■こうたろう
▼【感想】
自分は何よりもあんなに短い期間でこんなに良い作品を作ることが出来た
若林先生と先輩方に拍手したいです!
そう思わせてくれた天神さまメンバーの皆さんに恩返し?という意味でもおーぷん3に向けて頑張りたいと改めて思いました!


■■ノンちゃん
▼【感想】
初めての大きな公演だったので、緊張したし、楽しかったです。
▼【反省点】
・臨機応変に動けなかった。
・自分に甘かった。
・周りを見て行動できなかった。


■■ななみ
▼今回の後援会はとても勉強になった。セットを1から造り今までにない経験をさせてもらいとても新鮮だった。若林先生による演出で先輩がたの演技がどんどん変わっていき、感動していた。本番前に何度も通しをしていた先輩たちのエネルギーが伝わってきてすごいなと思った。お客さんも沢山入ってもらえてそして劇団ShOWの良いアピールになったとおもう。
本番の先輩たちの演技は自分も天神さまの世界観に感動することが出来た。自分も先輩たちの演技を盗んでいきたい。


■■ゆうな
▼【感想・反省】
劇団SHOWに入って初めての公演、とてもどきどきしました。
練習風景は何度か見学しましたが、本番は比べ物にならない位に惹きこまれて、鳥肌がたちました。

そんな素晴らしい先輩方とは逆に、本番に近づくに連れて増す緊張感の中で、自分のやるべき事を見つけて動くということがなかなかスムーズにできず、何度かただ立っているだけという事がありました。
次からはもっと周りの事を考えてスムーズにびしばし動けるようになりたいです!


■■ワンコ
▼【感想】
初めてのシアターを使った本格的公演をみて、とても感動しました!歌を歌いながら出てくるところが、特に面白くて、こんこられんけんは、いまだに頭の中でループしてます!僕も先輩達の様に人の心に響くような演技がしたい!と強く思いました。
▼【反省】
うまく大道具が扱えませんでした。徐々に慣れていきたいと思います。


■■茜
▼【感想】
個人的に「本番大好き!」人間なんで朝からテンション上がりっぱなしでした。案の定楽しかったです(笑)
朝から3回も通し→4回目の本番であのテンションを保って演技できるなんてっ!?さすがです…!
スタッフの方も本番直前までこだわり続ける若林先生!感銘を受けないワケがありませんっ
照明大好きな私と某ひろえ様が憧れと尊敬の眼差しではる先輩&マサヨシ先輩をガン見していたのはナイショです…
▼【反省】
客席案内もうちょっと愛想よく出来ただろうっ!?…あの時の自分に言ってやりたいです。
人が必要なときは率先して出ていけたかなと思いますが、仕事が見つからない時もっと周りに気を配って、なんなら先輩に人手は足りてますかっ!とアタックしに行く勇気があればよかったかなとつくづく反省しております。
ではでは、今日の若林先生のお話を聞いて照明のエキスパートになりたい…!と改めて思った茜さんなのでした。


■■ひろえ
▼【感想】
初めての大きな公演で色々と大変でしたが、いい経験ができてよかったです!
本番の天神さまはすごかったです!いつの間にか前のめりになって見ていましたよ~
先輩たちのような演技ができるようになりたいと思いました!
▼【反省】
スタッフとしてもう少し働けたらなと思いました。 いざという時にすぐ動けず突っ立っていることもしばしば…
もっと周りを見て動けるようにしたいです!




■■まーず
▼【感想】
練習をしている風景をたくさん見てきましたが、本番の劇が一番良かったんじゃないかと自分は思いました。
先輩達の良い演技を見たので、今度は自分達のお~ぷんを成功させるために頑張りたいと思いました。


■■きよき
▼【感想】
今回初めての講演会でとても緊張しました。それに初めて舞台のセットを手伝えていい経験になりました。
先輩達の演技は通しをやるにつれどんどん素晴らしくなり
本番では今までの通しよりもとても素晴らしいものになっており感動しました。
自分も先輩達のような演技ができるような役者になれるよう頑張りたいと思います。
▼【反省点】
もっと自分から仕事はないですかと言えなかったこと。です


■■健太郎
▼【感想】
シアターのこけら落とし公演という時に劇団のメンバーとしてその場に居る事ができた事がとても嬉しいです、役者もスタッフも一つになって大成功に終わった今回の公演は素晴らしい思い出になりました。
▼【反省】
今回は初めての事が殆どで戸惑いの連続でした、特に大道具のトンカチの使い方が分からず悔しかったのですが、先輩方にご指導頂き少しはコツを掴めたように感じています、これから自分のものにしてかないといけないですね。


■■まほ
▼【感想】
私にとって今回はとても貴重な体験となりました。
先輩たちの練習しているところを何回も見ていましたが、やる度によくなっていくのがわかりました!
本番は練習の時と違って、迫力と緊張感がもっと出ていて、後ろで見ていてもそれが伝わりました!
あと、実際のお客さんの反応も見ることができて、勉強になりました!
私も先輩たちのような素晴らしい演技ができるようになりたいと思いました!

スタッフの仕事は、何から何まで初めてで、どう動いていいのか分からず、もたついたり、戸惑うことばかりでしたが、その反省すべきところをだんだん直していきたいです……。
他の三期生がテキパキと動けたり、重い荷物を運べていたりしているところを見て、自分の無力を感じ悔しかったです……。
自分でもできる仕事を見つけて、すぐに動けるようになりたいです!!

でも、楽しかったですよ!
劇団SHOWのみんなで舞台を作るのに、自分が少しでも協力できたのが嬉しいです!


■■えりー
▼【感想】
何もかもが初めてで不安もあったけど、すっごく楽しかったし、勉強になった1日でした!
作業中、自分からサクサク動けなかったり、邪魔になってしまったりと後悔もありますが、反省して次に生かしたいです。


■■ほなみ
▼【感想】
今回の公演はなにもかもが初めてだったのですごく学ぶことが多かったです。
先輩たちの稽古は何度か見学しましたが本番わほんとにほんとにすごいなあ~と見入ってしまうほどでした。
演劇に関わってまだ1ヶ月くらいしかたってない中でこんな素晴らしい経験ができてほんとによかったなあと思います!!
▼【反省】
スタッフワークについてなにをすればいいのかわからず、先輩たちに迷惑をかけたとこもあったので、もっと周りをよく見て自分から仕事を探しすすっと行動できるようにならねば!と反省です。
次回からはできる女を目指します!! 笑笑


■■ひーちゃん
▼【感想】
・本番間近の練習ではぱりっ!と全員集中した空気で、本番はお客さん効果もあってSHOWのメンバーもたくさん笑えて楽しくてその場にいれて良かったなぁと思いました。練習での先輩の演技、若林先生の指導...見ているだけだけど発見も多くたくさん勉強できました!!
・私はあややややと一緒に受付のようなことをさせて頂けたことが本格的に劇団SHOWのメンバーになれたんだと思えてすごく嬉しかったです。
▼【反省】
・何をしたらいいのか自分で考えて動けなかったこと。他の3期生メンバーがいけいけどんどん働いているのに、うわあ、何をしたらいいんだろう...と立ち尽くす私。いっそ電信柱になりたかったです。若林医院とか首からぶら下げて。
存在的に電信柱に負けた私です。電信柱さんは偉大すぎました。
次からは積極的に働きたいなぁ...。


■■おーたー
▼【感想】
初めてのシアターで、時間もなくこんな公演を仕上げてしまうなんて、流石showだと思いました。朝から全員が生き生きとしていて、そうだ、この雰囲気に包まれたくてこの劇団を目指したんだということを再確認するきっかけになりました。
役者の方々も短時間の中で最高の天神さまを仕上げてきて凄かったです。練習をずっとみていて、自分も早くあんな芝居をやりたいとうずうず堪らなかったです。
▼【反省】
・しかしながらやはり時間が少なかったせいか、いろんなところの詰めが甘かったのではと思います。パンチの隙間や光漏れや重謙さんにやっていただいた作業etc...もっと前からこの舞台でやることを頭の中で想像出来てたらなと思いました。
・光漏れのことは忘れないうちにまとめて置かなければ。
・安全面に対する意識が微妙にまばらだったのかなと感じました。パネルは軽いレンガではなくしっかりとしたウェイトで、微妙な重さのものでも支えられる人数で運ぶ、光が無いところで事故がおきやすいので分かりやすく整理整頓や目印、照明等の上での作業をしているときは誰もが把握している状況にする。この先もシアターを使う上で大切になってくるんじゃないかなと。

by tetsubin4 | 2011-05-22 18:34
2011年 05月 22日

■5/21後援会公演・劇団SHOWレポート3・・2期生のⅡ

■■以下、11.5.21後援会公演・劇団SHOW全員の感想ッス(ただし2期生の後半。3期生感想は次回にアップいたしやす。■■

■■よしお
▼【全体の反省点】
・スタッフを決めるのが遅かった。一度、やったことがある芝居だからなんとかなったものの、役者だけが先に決まってしまい、始めの方は上手く立ち回れなかった。そのせいで、制作の仕事もぎりぎりになってしまったり、音響などももっと深く音探しの作業などができたのではないだろうか。
・天神さまをやるというのに、役者が台本を忘れたりと、スタートするまでの足取りが重かった。気持ち的にも弱かった気がする。やってやんぜ!っていう感じが最初から欲しい。やるとなったら、ピシッとやる。
▼【個人の反省点】
・今回、ひろし先輩の代役ということで入ったが、逆に迷惑をかけてしまった部分が多かった。やるとなったら、台詞をきちんと入れる。やっつけで代役をやってしまった。天神キャストには申し訳ないことをしてしまった。
・制作の仕事を、役者であるなるみ氏に多く任せ過ぎてしまった。例えば、パンフの作成の作業など。もっと役者だけに集中させてあげたかった。
▼【感想】
・芝居がすごかった。初めて、天神さまのほそみちの楽しさを理解できた気がする。みんながみんな、余すところなくよかった。役者として、成長してんなー、すげーって思った。刺激を受けた。それは見てる人、みんながそう感じたと思う。さすが選抜メンバーだ。素晴らしい。
・個人的には、本番より、その前とかの通しの方がよかったように感じられる。本番ももちろんすごいよかったんだけど、なにか今一歩、引いてしまっていた部分はないだろうか。なにか、お客さんに引いてしまった部分はないだろうか。個人的にそう感じた。
・舞台美術に感動した。若林先生の汚しがすごい感動した。ぼんぼりも綺麗だ。平台とか、格子パネルとかも追加され、更に魅力的になった。色使いが綺麗だ。
・色使いといえば、衣装もだ。衣装を着た稽古を見るのは、見るだけで楽しい。ため息が出るほど美しい。色んな色があり、バランスが取れていると思う。感動した。めぐがすごい似合っていた。けんも。男1のネクタイの色や柄をもう少し、なにか個性があると面白かったかもしれない。
・ひろし先輩の演技を見て、これが男3なんだなと学ばせてもらった。本番が近づくにつれ、ヤッチャンらしさが出てきて、若林先生がいつも言う、ヤッチャンという意味を理解できた気がする。
・なんだかんだ上手くいったこの公演。非常にいい経験になった。おーぷんも控える忙しい中、みんなよく頑張ったなあって思った。お疲れ様でした。

■■コトネコ
▼【感想】
舞台仕込みから後片付けまで目まぐるしい一日だったけれど、大きなトラブルが発生することも無く、公演を終えた。役者さん達の演技にも磨きがかかってとても面白い作品になったと思う。日頃の練習と本番前の通し稽古がものをいったのではないだろうか。また、裏方作業で風船の取付けを自ら申し出てくれた1年生達に感謝。1人なら時間を掛け過ぎていたであろう作業も楽にできた。
▼【反省】
効率良く作業出来るように指示しなかったために、後輩にも大変迷惑をかけてしまった。1年生も動きやすいように、あらかじめ裏方の役割分担を決めておいた方が良かった。いざと言う時に見つからなかったのでバミリテープ等の補充をしておくべき。


■■みっき
▼【反省】
-------<全体>
・1年生が積極的に動いてくれた。初めてのSHOWの公演だったのに自分たちで仕事を見つけ、動いていた。さっちゃん力がある子がたくさんいて頼もしいなと思った。
・それぞれ自分たちのスタッフで精一杯だったのか細かいところまで目が行き届いてなかった。本来ならお客さんという立場である重謙さんに入り口の幕貼りなどの細かい作業をやっていただいてしまい、余ってる1年生に手伝ってもらえばよかった。重謙さんありがとうございました!
・もうちょっと早めにスタッフを決めるべきだった。色々なことが準備不足で本番のギリギリまで舞台の準備をしてしまった。

-------〔個人〕
・ぼんぼりのフェーダーが壊れてしまい、急遽農工さんに借りることになった。フェーダーが壊れてるということ、もう私たちのところにはフェーダーがなかったといことを先生に言わなかった為、役者でもあるのにまさよし先輩に頼んでしまった。まだシアターの照明のことが詳しくなかったため、はるさんとまさよし先輩に任せっぱなしになってしまった。
・周りが見えてなかった。パネルを運ぶときに誰もパネルを押さえていないのに先におもりを外してしまい、何度もパネルを倒しそうになってしまった。みんなに怪我をさせてしまうとこだったのできちんと周りをみようと思う。
・まさよし先輩が照明を動かすということでキャットウォークに上るで下に人を通すなと言われていたのにボーと突っ立ってしまった。

▼【感想】
・ほんとに天神さまのほそみちはよかった!あまり練習してるところを見れなかったのだが、本番は今まで以上に感情移入してしまい泣きそうになった!ほんとによかった!
・急遽代役で女4がゴンちゃん先輩からめぐに変わったのだが、プレッシャーだったとめぐは言っていたのだが、とても迫力があり一番印象的だった。今回は2期生が多く役者として参加していたのだが、1期生に劣らずすごい演技だった!良い公演だった!
・今回2期生が裏方のチーフなどを任さられた。初めてやるスタッフだった人もいたのだが、コミュニケーションをとってとても良いチームワークだったと思う。特に、さきとおぐ先輩は初だったのにも関わらず、スタッフ・役者・先生とコミュニケーションを交わしていい舞監だったのではないか!ほんとにお疲れさまでした!
・今回はシアター初公演だったので分からないことだらけだったがとてもいい公演ができた!


■■りん
▼【反省】
一年コントと被って同時進行だったため、ブカンや装置などを決めるのも遅くなってしまい、やふやになってしまう部分があった。それは誰がとかではなく、二期生は一期生に頼ってばっかじゃいかん!もう後輩もできたわけだし、一人一人がどんどんマネジメントしていかなければならない。事が明確になるとやる気も変わる。役者で頭がいっぱいになったり、衣装(着付けとか…)で、なにも知らない中でがんばる三期生や他の人に協力したり周りを見ずに自分だけんなってて、空気も読まずに発声練習してしまった。どんな時も周りを見ること忘れない。
▼【感想】
今回、役者として一期生と一緒に芝居が出来たことがとても幸せだった。時間は短い中でも、みんなが中心に向かっていたからこそ出来たことだと思う。演出だったのに役者になったり、ブカン副ブカンを引き受けてくれたり、コントがある中で必死に協力してくれた三期生、みんなみなさまに感謝の気持ちでいっぱい。あと今回ので着付けが出来るようになった。どうでもいいか。今回の公演はけして大きくはなかったけど、1日練でなにか掴んだ気になったり、2日前とかに急に熱が38度まで上がったり、本番は自然と涙が出てきたり、あらゆる事を体全体で感じとれた。みなさんお疲れ様でした!次に向けてがんばりまひょ。


■■イビョン
▼【感想】
いやぁ、感動の他に何も言えないです。
全員が全員エネルギーでていて、テンポもポンポンと進んでいってお客側からしたら21日の芝居が一番わかりやすくみれたのではと思いました。
21日の芝居を見たあと自分たちがやった文化祭の天神さまの芝居を見たんですけど、よくわかんないとこがあって、あれはあれでよかったのですがまだまだだなって思いました。
文化祭のやつと、21日のを見比べて見て、何が違うんだろうと考えてたんですけど、エネルギーが文化祭のやつは足りないなって言うのを21日のやつを見て勉強になりました。
他にも自然さ不自然さ等いろいろ勉強になることがいっぱいありました。
本番、天神さまは迫力があり、楽しく見ることができました。
スタッフの方では、1年生もいろいろわからない点があるだろうけど、先輩たちに聞いたりして、自分から学ぼうという意識を持っていて、今年の1年生はすごいなと思いました。

▼【反省】
自分は、まだ、全部引き受けてないなっていうのがありました。まだ、誰かに頼ってる気がして、周りを見て判断しながら仕事をこなすことができてなかったということが、今後も修正して行かなくてはと思いました。
それと、スタッフの方で仕事がなくて突っ立ってしまうときが全体的(自分含めて)にちょいちょいあったかなって気がします。
ほんとに仕事ないなら仕方ないのですが、探せばきっと仕事はたくさんあると思うので、今後ともすぐ手が出れるようにした方がいいのではと思いました。


■フカタ―(゜∀゜)―――ニ!!
個人的には良い公演になったと思います。舞監を初め、各スタッフ、キャスト、1年生達、若林先生のカットと指導の取り組みが良かったその結果だと思います。

▼【音響反省】
・ホール設立後、第一期となる音響班。少ない時間の中、イメージ通りに進行を進める事が出来たのは良かった。
・せっかくスピーカーが沢山あったのにそれを活かさなかったのはもったい無かった(重謙さんにご指摘を受けました)。
次は袖裏にスピーカーを仕込み、ダイナミックさを演出したいと思いました。
・単純に時間の関係もあってか、機材にあまり触れられなかった。
ホールの仕組みや取り扱いが全く分からず、最小限の操作で本番を迎えてしまった。仕方の無いことかもしれないが、もっと工夫できたのではないかと思う。
・↑の結果として大幅な当日変更が多くなってしまった。事前確認、調整の甘さが裏目に出てしまった。
本番中も少々慌ててしまい、ゆとりを持ったオペレーションができなかった。
・選曲候補は少なく、そして他人任せだった。もう少し自分自身で調べ沢山の曲を用意したかった。CDの試聴ができなくなったTSUTAYAは一回滅んでいいよマジで。
・Q表の作りが雑。舞監提出用と音響用にちゃんと分けて作るべきだった。前に使ったQ表を丸々コピーしてはならない。追加があった場合、面倒臭くなるため。あくまでも参考程度に。
・きっかけが甘かった。男1の「あな……」の台詞後のMEを入れるタイミングが何度やっても気が逸ってしまい、ワンテンポ早くなってしまう。経験の無さが痛いところ。

▼【全体反省】
・上級生の1年生への指示が適当だった。初めての舞台裏だった人もいたのに、「突っ立っていないで」、や「周りを見て」など曖昧なものばっかり。
暇そうにしている1年生がいればもっと的確な指示を出した方がいい気がした。
・やはり報連相ができていない人が多い。素早い報告、自分の部署以外の部署への連絡、行動前の相談をしっかりとしたほうがいい。
・シアターの壁にテープを貼って剥がしたら壁紙が外れた。極力貼らずに、貼ったとしても慎重に剥がすように。
・前で舞監や先生が話している時に、後ろに固まりすぎている1年生が多い気がする。
もっと積極的に前にでて話しを聞こう。聞き逃すと全体に支障が出てしまう恐れがあるので。
・ペンキを使用した人はトイレで手を洗わない方がいいのでは


■■みゆい
▼【感想】
いきものの公演が延期になったため、自身初の公演となりました。今回は衣装スタッフとしてわっせろいしてました。いきものの試演会の時ではメイクをしてやらなかったので今回の天神さまの試演会と公演会含め、スタッフとしての動きが高まりました。舞台でのメイクというのも勉強になりましたね。自分は研のメイク担当してましたが、最初は度合いがわからず、なんともいえませんでした。だがそれも慣れ。これを踏み台にやっていきたいです。自分自身天神さまを見てると不思議な感覚でした。今回の公演で周りをみることを意識していました。ビデオ回してたんですが自分も天神さまをやってたらどうなったんだろーなと。とにかく勉強になりました!
▼【反省】
今回は要領よく、テキパキ動けなかったこと。どこになにがあるか理解できず、同じ衣装のひかに頼ってばっかでした。スタッフリーダー並みに動けるよう頑張ります!そしてもっと勉強します!


■めぐ
▼ちょうど2週間前、代役が決まった。いつもりんや研に、先輩達と芝居ができるのを羨ましくも思っていたが、コントの演出に十分な充実を感じていた。そんな矢先の突然の代役だった。
▼自分なんかが部長の、ごんちゃん先輩の代役なんて務まる訳ない、コント演出を離れた寂しさよりもずっと、その不安やプレッシャ-に押し潰されそうな日々だった。「部ー長!部ー長!」という部活から後援会から客席からのコールの中、ウエハラなんかがぞうさんなんて歌いながらノコノコ出ていけるかよ、と。
本番なんて考えるだけで苦痛だった。
▼それでも、稽古を目の前で部長が見ている。本来この中にいる人が自分の目の前で不完全燃焼してるのだ。それは恐ろしくもあり、同時に気が引き締まらざるを得なかった。これは頑張らなければいけないと、もうぼけ-っとしてられないと、やっと腰を据えられた。
▼今回稽古の中、生きてるものは~でずっとわからなかった「相手へ入れる台詞」や「差」がほんの、ほんの少しだけ理解できた気がする。ちょうどその頃の日誌で、私は「風呂場のくもりガラスの向こうに見える、もやがかかったハダカの肝心なアレやソレが見えない」と表現したが、アレの「ア」位はチラリと見えた気がするのだ。逆にそれがいやらしい、もっと追求してみたくなってしまうではないか。今回の大きな収穫だった。
▼ゲネや本番、キャストは殆ど楽屋にいたが、かなりお祭り騒ぎになってしまった。何も分からない3期生までスタッフで頑張ってる中、申し訳ないと思いながらもその中に入ってしまった。自分の弱さを思い知る。
▼スタッフ力が弱い、これは劇団として一番言われて恥ずかしいことではないか。表現するだけに徹しているなんて、それはなんてわがままじゃないか。沢山の弱い部分が今回ぼろぼろと出てきた。こけら落としは今回より大きな公演であることから、反省を生かし次へ必ず繋げたい。次は私はスタッフだから、もうめちゃくちゃ頑張ったろうと今から意気込む次第である。
▼最後に、今回の公演を支えてくださった重謙さん初めスタッフの2、3期生の皆様、ありがとうございました。
天神メンバ-の1、2期生の皆様、こんなウエハラをありがとうございます。
そして快く代役を任せて頂いたごんちゃん先輩、メグはメグらしくやってねって言って頂いたことがすごく嬉しかったです。なんだかんだ悩みながらも楽しんだ公演でした。
これを糧にこれからお~ぷん3、頑張るぞっと!

by tetsubin4 | 2011-05-22 03:09
2011年 05月 22日

■5/21後援会公演・劇団SHOWレポート2・・2期生のⅠ

■■以下、11.5.21後援会公演・劇団SHOW全員の感想ッス(ただし2期生の半分。3期生感想は次回にアップいたしやす。■■

<2期生>---------------------------------------

■■にんじん売りのケン
▼【感想】
今回の公演、自分にとってホントにめちゃくちゃいい経験になりました!
先輩方と共演することができ、さらに大事な公演のメンバーにもなれ若林教授の本気のご指導を受けることができ、役者としてホントにいい経験をしたなー、と感じた約1ヶ月でした!
自分的にはあの公民館でやった1日練がかなりためになったと感じてます!
去年の文化祭よりかは、ずっと成長したんじゃないかなと思ってます
本番も観客のみなさんを芝居に引き込むことができ大成功だったんじゃないでしょうか!
楽屋で喋ってリラックスしてた時間も舞台袖での時間も全部楽しかった!
とてもやってて楽しいメンバーだったなぁー
次のこけらおとしも気を抜かず頑張りやっす!
▼【反省点】
・あまりスタッフの仕事に回れなかったので、次は仕事を手伝えるように自分の要領を増やす
・本番に噛んでしまった・・・悔いが残ったしやるせないので絶対に次は噛まない!


■■ひか
▼【感想】
初めてのシアター公演+スタッフワークだったので、未熟なことばっかでしたが・・・とても楽しくそして勉強になりますた!天神さまも去年とはまた違う味が出てて・・・観てるこっちも演技をやりたくてうずうずが止まらない。あんな演技を自分もやりたい!!!!
▼【反省】
片付けをもっと短時間で済ませるようやればよかったです。いつもいつも衣メ小は時間かかってしまって、大道具などを手伝えなかったので・・・今度からは控え室なども常に整理整頓して片付けやすい環境にしていきたいです。


■■さっくでごわす
▼【反省】
・ブカンとしての役割を果たせていなかった。おぐ先輩に頼りっぱなしで自分から動けなかった。
・一年生や各スタッフへの指示だしができていなかった。
・本番直前になっての変更に対応できなかった。
・指示を出す側が指示を待つ側になってしまった。
・タイムスケジュールの変更などに追いついていけず、タイムコールもあやふやになってしまった。
・各スタッフの現状を全て把握しきれていなかった。
▼【感想】
自分にとって本当良い経験になりました!
初の副ブカンということで大きな不安も正直ありましたが、忙しい、というよりは充実したものになりました。
これを糧にこけら落としも頑張っていきたいです!


■■まこ
▼あの日は金曜やり切れなかったことを一気に午前中にやり切ることが出来た。3期生は何人かビギナーがいたがみんな手際よく仕事をやれたのには驚いた。メインの本番は外幕前待機で見れなかったがうまくいってよかった。学んだり学ばれたりした1日だったが今後のこけら落としや尚美祭のよいサンプルになり新たな自分に繋げて行ける気がした。
▼【反省点】
せっかく本番1週間前にいただいた制作の役目をあまり果たせなかったこと
午前中の作業がてきぱきでなかったこと。今後はこんなことにならんようにせねば。


■■音響担当のじゅん
▼【反省】
・音響でオペは主に自分が担当だったにも関わらず
かなり チーフの こうせい君に助けてもらっていたこと
・時間がないなかでの公演だったとはいえ 刺す時に流す曲に関して他に もっと合った曲があったんじゃないか それを探す努力をもう少し粘っても良かったと思った
・先生から 指示あった時に直ぐに対応できない場面があったこと(もっと音響の機械について自分自身知っておく必要があった)
▼【感想】
まず 何度も練習で見た芝居だったのに本番はまるで気迫というか迫力が違い
その役者の皆さんの底力というか 最後の追い上げは素晴らしいと思いました。
本番まさか あんなにお客さんが入るとは思わなかったのですが 皆さん笑って下さっていたり いい反応だったようなので とても良かったです。成功だったと思いました。
▼先生も仰ったように 今足りないのはスタッフ力。
今後もホールでの公演があると思うので 次の公演に向けて 自分も含めみんなが ホールの設備や機械の使い方など知識をつけておく必要があると感じました。


■■しらっち
・役者の努力が本番に出ましたね!めぐが過労で倒れるまで、真剣になってやっていたことは、表彰ものです!
・まさよし、ひろし、りゅう先輩と、めぐの演技は魅力的でお金を払える!
・舞台監督!さきおぐお疲れ様!2人が試行錯誤しながら我々を導いてくれて助かりました!ありがとう!
▼【改善点】
・スタッフを決める時、仕事が出来る状態かを見極めて決めて欲しかった!
・テープを使う作業が多く、途中で無くなってしまった…
こうゆう事が無いように、あらかじめ多くストック(10個)しておく。5個をきったら補充するなど改善が必要。
・大道具のバラシ作業を頼んだが、なぐりを使える人が少なく作業が遅れた…
今後は、スムーズに進むようになぐり等の使い方を教え、使い熟して頂きたい!
・スタッフレベルが低い事が証明された…先生と対等に意見しあえ、より良いものを作れるスタッフにレベルを上げたい!
・メイク等はわからないが、プロに教えてもらった方がいいだろうと思う!
私の母は、スタイリストで着物の着付けの資格を持ち式場で働いていた経験もある!
教えて貰うのもスタッフ力が上がる、一つの手ではないだろうか?
・私もまだまだ知らない事が多い、これから沢山吸収しなければ…


■■はるか
▼【感想】
------<全体のこと>
・実に学園祭以来の天神さま公演だったが、あんなに短期間での準備であることを匂わせないほどの出来で、とても良い芝居だった。りんとけんも先輩方に負けずに絶妙な掛け合いをしていて、凄く良かった。次の柿落とし公演の天神さまフルVer.もとても楽しみだ。
・当初の予定の倍以上のお客さんが入っても、圧倒されずに堂々と公演をやりきったので、とても達成感があった。後援会の皆さんに確りSHOWの存在をアピール出来た、とても良い機会だった!
・本番まで、仕込みとバラしの繰り返しだったが、三期生が増えて、キャスト以外のスタッフ層が厚くなったので、初めてのシアターでもとても良かった。
・三期生はとてもレスポンスが早い!所謂さっちゃんだと随所で感じた。即 動いてくれるので、とても助かった。感謝している!
-------<周囲のこと>
・久々の天神さまチームで照明は動いたが、シアターならではの照明が出来た。特に地明かり作りなど、当日までいらしてくださった重謙さんや、率先してシュートに上がってくださったトミダ先輩の力が大きい。本当に感謝です、有り難う御座いました。
------<自分のこと>
・反省点 目白押し。元々誤解することが多く、必要な時間の見積り等が極端に下手な自分は、受け答えに一々時間を割いてしまうなどして、只でさえ時間のない本番前に全体に迷惑を掛ける結果になった。非常に申し訳のないことだ。次に生かすしかない。
・何よりも事件だったのは、ぼんぼりが点かなかったこと……。直前のスタッフデーで点検した時は全て点灯したので、安心しきっていた。その後、点かないのが発覚するまで調光器を壊した覚えはなかったので、尚 動転してしまった。もし本番直前のリハーサルまで点いていても、本番で点かない可能性があることも頭に入れておく必要があることを学んだ。また、ぼんぼり一式に触れたのは学園祭公演以来だったため、公演終了後も使う可能性がある機材は、スタッフデーなどを利用して、小まめに点検や部品の用意をし、丁寧に扱わなければならないと今回身を以て学んだ。調光器を貸してくださった秩父農工、情報をくれた多生氏、取りに足を運んでくださったトミダ先輩には一生頭が上がらない。本当に感謝あるのみです。
・新しいシアターでの初公演ということで、使う機材も初めて触れるものだったため、今回はとても良い経験になった。天神さまは地明かりメインの芝居だが、例えば“生きてるもの~”のように、中心がエリア毎に移り変わる芝居の照明も、シアターで確りこなせるようにならないといけないため、今回学んだことを土台に、勉強して更に技術を発展させたい。
・体調の問題から、今度のお~ぷん3には私は行けないが、三期生には今回見て得たものを、存分に発散してきてほしい!天神さまの側にいた私はまだコントをそんなに観ることが出来ていないので、めっちゃ楽しみにしています!!
・今回は急なスケジュールにも関わらず、皆さんお疲れさまでした。さっく&おぐさんも、初舞監 本当にお疲れさまでした!!!続くお~ぷん3、そして柿落とし公演に向けて、全力疾走していこう!!!私も今回の経験を忘れないぞ!!!もう本当にご迷惑をおかけしました。若林先生、これからもご指導のほど、宜しくお願い致します!!!


■■かまち
▼【感想】
公演会での天神さまのほそみちは文化祭で見たときよりも、さらに演技や迫力などが上がっていてとても感動しました。また、大道具の仕事も少しずつこなせるようになり、これからも日々精進していきたいです。【反省】
大道具を少しこなせるようになったものの、自らから判断し行動することがまだまだ未熟だと感じ、今後こういった事がないよう、努力していきたいです。


■■そうへい ・風船じじい

▼【感想】
今回は30分バージョンということで60分バージョンとはまた違う良さが出たので面白かった。歌もデンデラリューバの方が歌い安かった。
▼【反省】
今回の公演は主にリラックスを意識したが、あんまりリラックスが出来なかった。
若林先生にセリフを言う時にヨダレが出そうなくらいリラックスをしてやくざでやれと言われたけど、自分的にあまり出来てなかったので次のこけら落としの時はそれが出来るように頑張りたい。

by tetsubin4 | 2011-05-22 02:16
2011年 05月 22日

■5/21後援会公演・劇団SHOWレポート1・・1期生

■■以下、11.5.21後援会公演・劇団SHOW全員の感想ッス(ただし1期生のみ。2,3期生感想は次回以降にアップ。■■

<1期生>--------------------------------------

■■ゴン
▼【反省】
---<自分編>
まずはじめに、役者でありながら怪我をしてしまい、皆に迷惑をかけてしまったのが1番の反省です。役者がいなくなるのが1番の迷惑で体調管理などの徹底も後輩に教えていかなくてはならない手前、こんなことになってしまったのが情けないと思います。今後は今まで以上に責任をもった行動を心がけていきたいです。
また、本番は、自分のスタッフ力のなさに後輩に的確な指示をとばせなかったことです。今後、全体のスタッフ力を高めるにあたって、自分のスタッフ力を更に上げていかないと思いました。とりあえず【THEスタッフ】を読破しなくては!
---<全体編>
全体としては、一年生がすごく頑張ってくれたなと思います。何もわからない子もいたはずなのに、皆一生懸命やってくれていてとてもありがたかったです。ただ、一年生たちに私たちが指示をうまく出せていたらもっと一年たちは動きやすかったと思います。私たち一期、二期生の問題ですね。

▼【感想】
個人的にはすごく良い公演だったと思います。役者たちも、本番の出来はすごくよかったです。一年生たちにも公演の雰囲気つかんでもらえたし、シアターではじめて公演できたし、お母様方にも楽しんでもらえたので全体を通してすごく良い公演だったし、色々と収穫になったと思います。次はOPEN、その次はこけらおとし、ありがたいことに先の公演まで決まっているので、テンションを落とさずぶっちぎっていったりましょう!


■■マサヨシ
▼【全体】
・ブカンはもっと早く決めるべき。全体の動きだしにも影響が出た。
・仮にブカンがいないとして、誰が仕切り、誰が責任を負うのか?色々となーなーになってしまったような気がする。引き受けの甘さ。
・2期生の頑張りには感動した。が、まだ甘い気もする。個人的にはもっとしゃしゃってほしかった。「できるか不安」ではなく「やって失敗して伸びる」ほうが断然良い。
・演出部(マネジメント部隊みたいな)が、あったほうがよかったような。人数も増えてきたので.....
・全体的にイメージが弱いような。(イマジネーション?)シアターで、天神さまをどう上演するか、とか。スタッフの面であったりとか...
・こまめにミーティングをすべきであった(1期生Miや2期生含めてのMiとか)時間がないのは確かだが、情報の共有も疎かだったし、スケジュールも曖昧になったりしたので、必ず今後必要。
・(特に1、2期生)全体をみる力、中心をみる力、まだ弱い。その瞬間に、何が必要か、さっと動けるか、まだまだまだまだ。

▼【個人】
・自分で仕事を引き受けるだけ引き受けて、パンク。これは自分が悪い。「仕事を振る能力」を確立したい。
・それも伴って、役者に集中しきれない自分にイライラ。切り替えうまくなりたい。
・仕事やりたがりがモロに出てしまった。後輩たちを伸ばす、伝えるを今後念頭に置いて活動したい。
・本番、お客と一体、とまでいかなかったのが悔しい。反応はたくさんあったが、もっとお客と呼吸しながら芝居ができたらな、と。

▼【感想】
いやぁ~、反省つらつら書いてしまいましたが、本番やってやったぜって感じです。実質こけら落としっぼい公演だったし、正直プレッシャーでした。本番前あんなに緊張したのは久しぶりでしたー。でも、なんとかなったな、と思います。殴りたいと言われましたし。笑
1年生もよく動いてくれたと思います。感動!多謝!演劇始めてだぜって人が多い中、率先して動けてたと思います。個人的には、だーおーにMVPをあげたいですね。
いやはや、でもこれで、「シアターでの芝居の打ち方」が見えてきました。でも、まだまだまだまだやれることはたくさんあると思います。これに満足せず、もっとまとまりある、すげーかっけー劇団にしていきたい!ぜ!


■■まなみそ
▼【感想】
・今回の公演は、自分の中ではすごくいいものだったと感じてます。芝居もそうだけど、スタッフもいい流れで出来ていて、すごく一体感があったと思う。少ない練習時間の中で(特にひろし先輩)あれだけの芝居に作り上げるという、役者の強さ・凄さを感じました。少ない時間だからこそ起きるトラブルも多々ありましたが、一・二期生の大人度も試されていたのかと。乗り切れたということは、それだけの力があるってこと。役者もスタッフさんの皆も、お疲れ様でした。

・女1という役も、前回からいろいろと自分の中で消化できたことが大きかったです。今回はすごく自然に演技できました。ただ体重が増えたため松葉杖片手に動き回るのに非常に苦労しましたね。あほです。お菓子の食べ過ぎです。てへっ。それは抜きにしても!からだの管理は大事ですね。

・1つポイントとして感じたのは、”イメージ”の深さでした。どんなに直しを受けても自分の中でちゃんと持つものを持っていれば、パニックも起こさない。浅い演技もしなくなる。

▼【反省】
・シャドーが弱い→イメージを深くして行う
・着替え、メイクにもたついた→時間を把握してテキパキ動く。
・スタッフを手伝えなかった→小道具の風船の設置など、予め把握している部分はサポートすべきだった。
・片付けに手間取った→すぐに着替えて、大道具の片付けなど早く手伝うべき。


■■おぐ
▼【反省】
・時間が無いからと各チーフとの話し合い無しでタイムスケジュールを決めてしまったので、次は必ずチーフとの確認を小まめにしたい。
・わからないと自分の中で焦ってしまい、そのまま強引に進めていたので、もっといろんな人にアドレスをもらって進めればよかった。
・全体への指示があやふやで、一部を指示待ちにしまったなど、イメージ力と舞監と舞監補佐との確認が少なすぎた。
・衣メ小への引き継ぎをもっとちゃんとしてあげれば、時間もかからずぱぱっと出来たと思う。

▼【感想】
ずっと楽しみにしていたホールで公演が出来て本当に夢のようでした。スタンバイしてからは胸が高鳴る思いで、凄いわくわくして焦りとか不安が一気になくなって自分でもびっくり。さっくも支えてくれて、本当にありがと!この公演で学校側がどう思おうが言おうが関係なけく、今以上にもっともっと胸張って活動出来ると思います。これが初めての公演になる一年生が自分から仕事くださいっ!と沢山動いてくれた人達ばかりだったのでもっとちゃんと指示出しをしてあげられれば………!次こそはっの気持ちで、これからの公演、SHOWとしての活動をしていきましょうっ。


■■ナルミ
▼【反省】
-------<制作面で>
・予定通りにパンフレットを見せることが出来なかったこと。→今回は時間がなかったにしても、その日内に見せると決めたらその日内にやらなければならない。もう少し先を見て行動するべきだ。
・役割を振れなかったこと。→相手の事を考えて振れる仕事は任せるべきだった。
・ほとんど教授に仕事を任せてしまったこと。→自分たちで出来ることはただ任せるのではなく、寧ろ、教授から仕事を奪う勢いでやるべきだった。
--------<キャスト面で>
・低く言うべきだった台詞がどうしても高く言ってしまってキンキンしてしまったので次回からは低く言うこと心掛けて(勿論ロブも)演技したい。
▼【感想】
久しぶりの公演で、しかも初めてホールを使っての演技だったので内心バクバクでした。多分私の緊張っぷりはキャストの人は知ってるでしょうが…。直前まで練習して、でも緊張と焦りでロレツが回らなくて更に焦ってワーワーワーとなってる時でもキャストの顔をじっと見てたら自然と安心できたりして、“コイツらと一緒なら大丈夫だ”と今回の公演で絆みたいなもの感じたりしました。本当に練習の時も楽しかったし…やっぱり本番が一番楽しかったです。こんなに短時間で仕上げられたのもキャストだけでなく、スタッフや重謙さん、若林教授の支えがあったからこそ出来たんだとヒシヒシと感じました。あと、1年生が初めてなのにも関わらず、テキパキ行動出来てたことも感動してます。実に素晴らしい!!この経験を生かして今後もっと成長出来ればいいなと…勿論、1・2期生も負けずに頑張りたいでっす!!


■■リュウ
▼【感想、反省】
・役者としての気の持ち方が圧倒的に足りなかったなーと、、、その日のコンディションによって演技が左右されるのってどうなのよ、、、1人でやってたなーと、、、オナニーだったなーと、、、本の読み込み、イマジネーションが中途半端でした。演技の最中に今日は駄目だなーとか考えてる内なる自分を抹消したい石詰めて池に沈めてやりたい。
・他の役者方も結構コンディションに左右されてたなーと、、、本番を見据えて稽古できてないというか、、、全体的に空気に左右されすぎというか、、、でも、何本かの通しとか、本番とか、抜群の空気感で出来た時は本当に気持ち良かったす。恥ずかしながら、繋がることの気持ち良さって奴を始めて知った気がします、童貞でした、すみません、、、
・まさよし何か本当にイラつかれた様で、、、役者冥利に尽きるというやつじゃないでしょうか
・スタッフとしては本当ボロボロでした、、、明確に割り振られてないからといえ、もっと積極的に動くべきだった。そして、色々なことをもっと二期生に引き継ぐべきだった。本当オナニストだな俺って、、、
・兎に角、大きな公演ではないとはいえ、勉強になる公演でした。次公演に繋げなくては、、、
・役者陣へ、本当に楽しかった!若林氏じゃないけど皆抱き締めたいマジで!

by tetsubin4 | 2011-05-22 01:20
2011年 05月 21日

■5/21(土)~後援会公演・本番・・★by惠里

■5/21(土)~後援会公演・本番・・★by惠里_a0137821_22423142.jpg
     (写真↑始めての集合写真・・・よしおっちごめん、やっぱり切れてた)
■■【活動内容】by惠里
▼全体ミーティング
▼通し3本
▼後援会公演「天神さまのほそみち

■■【感想】by惠里
▼初めての公演! 朝からドキドキ、わくわくしていたわたしです。
▼みんなで、舞台の細かいところを直したり、掃除をしたりしました。スタッフさんは、いろいろやることが多いんだなぁとか、こんなこともやるんだぁとか、発見がたくさんあって、すごくいい勉強になったし、いい体験になりました。
▼いよいよ本番!先輩たちの演技を見ている間、鳥肌がたちっぱなしでした。本当にすごかったです!
 自分も先輩たちのような演技がしたい!と改めて思いました。
▼今日はお疲れ様でした! 明日はゆっくり休んでください。
月曜からまた頑張っていきましょー!
■5/21(土)~後援会公演・本番・・★by惠里_a0137821_22544841.jpg

■■【感想】by鉄びん
▼いやあ~、みんなお疲れ様。
小さいけど、大きな公演だったッス。
可能性と課題が一杯、目の前に広がった!
▼さあ~、これからっスよ。バリバリやるしか内科。

■■【感想】by阿部(川越高校顧問)
▼SHOWのブログで今日が本番日だと知り、突然押しかけてしまいました。ただ上演時間を知らなくて、「午後の1~3時位かな」と当てずっぽうで出かけたものですから、お邪魔になってしまいました。でもそのお陰で、本番以外に通しを2回も観れたので、個人的にはラッキーでした←迷惑な客ですね我ながら。
▼シアターで上演される様子を拝見するのは初めてでしたが、思っていた以上によい劇場で感心しました。いいですね。
▼通しを重ねる度に舞台のテンションが高まっていくのを感じられて、ちょっとゾクゾクするような楽しさがありました。
▼それにしても、通しの後の駄目出しは(時間の都合か)ごくあっさりとしているのに、その次の舞台は着実に良くなっていくあたり、普段の皆さんの精進の程が伺えます。
▼「天神様の細道」は昨年の学園祭公演で拝見していて、今回はその短縮バージョンでしたが、その分、テキ屋の兄ちゃん姐ちゃんに振り回される男2の姿が浮かび上がって、密度が高くなっており、巧みなテキストレジだったと思います。
▼昨年のキャスティングが中心でしたが、皆さんこの半年で素晴らしく上達されていて、感心しました。全員の演技それぞれに、上演中何度も、「へぇ!」と目を見張る場面がありました。
特に新キャストだったニンジン屋さん、発声から身体から、とてもリラックスしていて素敵でした。
若林先生は「500ヶ所くらい直したいところある」と仰っていましたが、本番はとてもよい出来だったと思います。
また、これも感心したのはスタッフさん達の動き。1期2期の方たちはもちろん、3期生の皆さんもやる気と活気に満ちていて、「自分から動こう」という気概を感じます。今後もますます良いチームになっていくに違いありません。楽しみにしています。

by tetsubin4 | 2011-05-21 21:22