人気ブログランキング |

尚美学園大学:劇団SHOW日記

tetsubin4.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 26日

4月24日(木)~合わせ練2日目!~ byそるてぃー

4月24日(木)~合わせ練2日目!~ byそるてぃー_a0137821_15445072.jpg


【活動内容】
▼こうすけ先輩チーム合わせ
▼かっちゃんチーム合わせ

【感想】
▼今日は合わせということで2チーム見ていましたが、一年生みんなパワーがあっていいですね!!なんか、、フレッシュな感じが、、眩しいっ!少し苦戦しながらも一生懸命取り組んでる姿を見てて、自分もそのパワーに負けてられないな!って思ったり。この輝いてる一年生の姿をたくさんの人に見に来ていただきたいですね。
▼こうすけ先輩チームのソロロは動きが多いのでダンスの得意なこうすけ先輩が!可愛らしい、そして面白い動きをつけてくれているので見てる方も楽しい!かっちゃんチームはみんな声がよく出て演技が力強い!ドスが効いてたり(笑)全チーム本番が楽しみです!
▼スタッフでも一年生のとしきなっきむが頑張ってます!音響のとしきは本当しっかりしてて。もーこっちまで助かっちゃってます。なっきむもなおと一生懸命動いてくれてます!なっきむは癒し系です。なっきむが先輩に「ようじょう?ってどれですか?」と養生テープの事を聞いてるところを見て、一年の時の私を思い出しました。笑
今回は役者だけでなくスタッフでも一年生が頑張ってくれてます!
今回初めての舞監で周りの方々に助けられてばかりなのですが、、、一年生のSHOWでの初舞台を成功させるために精一杯頑張ろうと思います!!良い公演にしたい!!

by tetsubin4 | 2014-04-26 11:01
2014年 04月 26日

4月23日(水)合わせ練!~byおかゆ

4月23日(水)合わせ練!~byおかゆ_a0137821_1114220.jpg

4月23日(水)合わせ練!~byおかゆ_a0137821_1114384.jpg


【活動内容】
▼人違いと親不孝の合わせ練
▼ソロロ、誘拐チームは稽古

【感想】
▼最近、まだ仮入部から一週間ちょっとしか経ってないのに、コントの稽古してるって改めて考えるとすごいことだなとつくづく思うおかゆです。
今日は合わせ練!照明で卓をちゃんと操作するのは今回の公演が初めてで、くぼっち先輩とひろえ先輩に助けていただきながらわたわたしてました…。卓はいじらないと慣れませんね…。安心してオペを任せられる様になるまでどの位時間が掛かるんだろうと考えたら気が遠くなりました(笑)
▼合わせ練をやって思ったのがみんなエネルギーがすごいなと。声量ももちろんなんですが、本当に役になりきれてて見る度成長していて、早く一緒に芝居がしたくなりました!としきもなっきむも、慣れない中一生懸命スタッフの仕事をしていて自分ももっと頑張らなくては!と思いました。
本番まで後一週間切りました!楽しい公演が打てるように頑張りましょう!

by tetsubin4 | 2014-04-26 10:57
2014年 04月 24日

4月22日(火) ゲネ近し! byくぼっち

4月22日(火)  ゲネ近し! byくぼっち_a0137821_20383497.jpg


ソロロ? ポリン! テニ、、?

■【活動内容】
▼各チーム稽古。通し
▼音照通しをみてイメトレ

■【感想】
▼合わせ練も近づいてまいりました!始めてのチーフでめっちゃ緊張する 汗 スタッフ周りは小道具や音響等はまとまってきて、照明はギリギリ間に合い、、というところでした
笑 オペ室でフェーダーを上げ下げしイメージトレーニングをした、おかゆ。五期生ついにオペを経験。新鮮な感じがした 笑 俺が出来る範囲の仕事を与えた。教えるって難しいな。ただ答え言ってるだけでと学ばないし、全部やるのも良くない。心配でいつもくっついてしまう。失敗するのもその子のため さぁ今度は一人でやってみなとか言って見るのもいいかも?? うむ。

by tetsubin4 | 2014-04-24 20:34
2014年 04月 20日

3月24日(月)~人を好きになるって、つながるってこうゆうこと♪★byしらっち♪

3月24日(月)~人を好きになるって、つながるってこうゆうこと♪★byしらっち♪_a0137821_17273338.jpg



■■【活動内容】
二期生大学生活最後の公演
■■(今までの活動)
おーぷん2役者
▼天神、男4
▼いきもの、やまさん中止
▼新歓
▼おーぷん3、手術演出
▼学園祭、舞台監督
▼いきもの、やまさん
▼カラメリ、祖父、舞補
▼新歓、演出
▼おーぷん4、バンケット役者
▼学園祭、舞台監督
▼12月公演、ディアハン
▼2月公演、ディアハン
▼3月公演、ちょい役者

■■【感想】
▼最後は、いろいろありましたが!!大学生活を最後の笑顔で終われて良かったよ♪
▼一年生この、大学を選んだのは劇団SHOWがあったから入学決めたんだよね~。OPCのお昼をまなみんと食べて、劇団SHOWのコントを見ないで入学したんだよな…
始めて観たのは、「今日もいい天気」なんかイメージとだいぶ違う芝居だった。入学当初は、みんなが感じるギャップなんじゃないかな!?
何だかんだで入学して、SHOWに入った♪
▼暇があれば演習室に行く毎日。必ず、りゅう先輩まさよし先輩ごんちゃんがいたな~良く遊んでくれた。授業サボって龍まさと川越巡りしたり。男子校だったのもあり、女の子と話すのが大変だったな、ごんちゃんスキンシップ半端ないし、膝に胸のっけるし…埼京線では、りん、めぐ、みっき、の隣に座るだけでドキドキしてたっけ…
おーぷんコントでは、ひかと夫婦役で、膝枕とか…ひかに蹴りとか懐かしいな♪
本番1週間まえに、研が美恵を振ったせいで稽古出来なかったな~、何だかんだでいい思い出だけど。
おーぷんは、合宿形式で楽しい思い出、一年の頃はしゃいで、先輩に起こられたっけ。熱さはマジで死ぬ…
▼学園祭で天神さまをやることになりましたが、暗いイメージの台本で嫌だったな~
暇があれば、稽古をさせられてた時期で自主的に取り組まなかった。入校禁止で稽古できなくて神社で逃走中をやったな~、そうへいが転けた思い出がつよいけど!
▼本番まえに、めぐの膝げりをガチでくらって失神したな、血の気がひいて気を失いながら、包丁探してた所をまなみんに止められた。
意外と簡単に人は落ちるんだな… 天神の本番は演習室でお客さんが近いのもあり気持ちよかった。めぐは、お菓子投げるしハチャメチャな本番ですごく楽しめた。
▼二年生 演出を任されタオ、ひろみ、まーず、まさるで手術。正直演出なんて、ほとんどやったことなくて辛かった。本番のおーぷん3は、うけが良かったので、楽しかったけど力不足で後輩に申し訳ない。 ビミョーはいい思い出!2期生がスタッフで成長するいいきっかけだったしチームワークもよくなった。二期生は、何だかんだで一緒に何かを乗り越えてきた仲間達なんだよね♪
こうせいとは、連絡ミスで揉めたっけ・・・でも、出来るだけ、めぐとこうせいの違いを付けたくてスタッフにお願いをして回った気がする。その分、演出にスタッフが感謝されてうれしかった。大入りはビミョーの打ち上げから、始まったんだよ!あと本番前のハグも、この頃からするようになってきました。本番前のハグは、ものすごい好きみんなのエネルギーが一つになる感じで温かい!ハグはいい文化!
▼その後中止した、「いきもの」をやるって龍先輩に声をかけられたときは、嬉しかった♪
いきものは、地震で中止になったし思い入れがある。地震も二期生の絆を深くする出来事な気もする~ うさぎちゃんを踊れなかったのは、残念。
めぐ伝説は、健在で義雄のナニを握ったときは爆笑♪。いきものが12月に出来たときは、ものすごい楽しかった、雰囲気もものすごく良かったよね♪ 出の直前に、こうせいがトイレまで呼びに来たっけ!本当に腹痛のまま演技をしました。 ああ、一つだけやり残しがあった・・・もっと真剣に練習すればよかったよ。
もちろん、僕らもサークルをやめるか、やめないかという話もあったよ…
でもさ…みんなが続けてくれて嬉しかった。正直、俺がSHOWを引っ張ってくんだ!!っていう奴が割りといた♪
こうせいは、とくに♪ 次期リーダーが、決まって「カラメリ」の主役:祖父役をやらせてもらった。正直、長いセリフは大変だった。一番練習した作品である。帰りながら長ゼリ言ったり。夜中スカイプでひかに、手伝ってもらったり。試演会前日に縫物もやったな・・・ 雪合戦してスタッフに怒られたっけ・・・ AVスタジオを使って稽古してた。こうせいの演出ですごく幸せだったな。こうせいが演出しながら、さきの胸を何回も触ったのもいい思い出。めぐがヘルメットにしたのも 。
三年生部長になって、みんなが楽しめるように努力をしたな。 リーダーで集まって役割分担をして、ほんとにその通りに動いた結果が良いサークルになったよね。もちろん揉め事も多かったけどさ・・・ 夜中のテンションでこうせいと年間スケジュール作ったな。南古谷で始動初のミーティング。 みんなが自分を大切にするように、ミーティングでは、意見を求めたり何度も確認したり。時間が少し余れば、不満や不安なことを聞いて改善したっけ。 小さいことだけど、みんなのこと大切に思うからこそ出来ました。 「人にイラつくときは、自分にも同じところがあるからだよ」って伝えた記憶も多々あります。俺の考え方を徐々にこんなふうに伝えてたな・・・
バーベキューをみんなでするのは、ものすごい楽しかった。嵐山まで行って、川遊びしたり。 12月公演で、ディアハンターをひろえ、アタックと出来たのも幸せ、次世代に部長の話を永遠と聞かせました。そこで、かなり仲良くなったな。
▼部長として舞台監督として、やってきたことは、本当に良かった。 ブカンとしては、学際は暇な時間多いから良く話をしに行ってたな。りんと、さきとは、変な話しかしてないけど。その時間があったからこそ、後輩とも仲良くなれました。
みんなが部長として俺で良かったと最後に言われて、とても幸せです。
まだ、足りない部長だったと思う。
もっと、みんなのことを大切にして、楽しいサークルにしたかったよ。
セミナーのことは、分からないひとが多いけど、ひか、りん、めぐには、僕の人生のルールを伝えたら、「凄く分かる。すごい!!」って言われて正直、幸せすぎる。
実は、もっと伝えたい、本当に人生が変化する考え方だから。
どんな話かは、また会ったときに
はなすよ♪
▼こうせい、シロップのときは裏切るようなことをしてごめんなさい。
正直、自分が未熟でした。その頃から、呼び方が変わったのもわかってます。これからも、よろしく。応援してるぜ♪
▼合宿は、楽しかった。稽古の進みはいまいちだったけど、ヤル気と集中力は違っていたね。最後だから、もっともっと!って楽しもうとテンション高かったし、いつも通りなものは、いつも通りでした。
食事も全員で「いただきます!」って美味しくはなかったけど、みんなで食べるから違って幸せ。
一緒に過ごせる時間も残りわずか…
1時間過ぎていくのが、こんなに辛いことか、こんなに苦しいのか…
みんなの顔を見れるのも、声を聞くのも、笑顔みるのも、学生時代のみんなとは、お別れ…
それが、かなり辛いことでした。
やり残しないように!!って毎公演、言ってきたけど、まだ、みんなと学生したかったな~
正直なこと言うと、帰ってからジワジワきて…
ガチで号泣しました。

それだけ、みんなが大切な、愛のある仲間です。
これからも、馬鹿やって、芝居やっていきたい大切な仲間 どんなに切っても切れない深い絆で結ばれています。
もう切れないから、切れたと思っても切れないから、そうゆうもんなの。
みんなの人生に関われて幸せです。愛に溢れたいい人たちです。


帰り際に「またね♪」「また、どっかであえるっしょ」って言われて嬉しかった。

▼みんなのことが大切だから、伝えます。
みんな、どんなときも自分を大切にしてね。
大切にしてないと身体にサインとして、病気や痛みとなって出てくるから!!
クスリで治すのは、ごまかしているだけ…。自分の問題に向き合っていくと、病気になっても治ります。
いや、本当に

何に向き合わなければならないか、分からない場合は、麻痺してるから、「自分を愛して」という本を読むとわかるよ。

四年間は、あっという間だった、また、食事したり、飲んだりしようぜ♪
近いうちに、仕事の話とか、学生時代の話とかな。
どこか、遊びいくのも、わるくない♪

また、芝居やろ!
でさ、みんなプロなんだから教えてくれよ♪
飲み会は、ひかの店でやろぜ♪

誰か結婚するなら、呼んでよ!!

またな♪会ったらハグしよう
正直なんて言って良いかわからない、最高の言葉を使っても言い表せない、仲間たちです。
みんな愛してるぜ~♪

正直…、書き足りないよ…
みんなが自分と同じようなつながりや絆を深く感じ、大切にしていることが幸せ

偶然なんて無い!!
すべて、自分が行動した結果であり、なるべくしてなる必然


やり残したことは、大入でしっかりと話せなかったひとがいたこと…
伝えたかった、し聞きたかった…
先生と話したかった。

こんな素晴らしく仲間と出会えるサークルです。もちろん、僕ら一人一人が絆が深まるように行動してきました。傷つけあったり、揉み合ったりマイナスのイメージがあるかもしれません。しかし、仲良くなるいいチャンスなんだよ?相手と向き合い、相手を理解し自分を理解する。相手がなぜその言動をしたのかが分かるんだよ♪
それが、わかると人物を否定しなくなる。
言動にたいして、否定していることも受け取れるようになる。
向き合うチャンスや、きっかけが多かったから、二期生はつながりが深い。
もちろん、今までの人生のことは、知らない。
まったく、知らなくても、こんなつながりを感じることが出来る。

正直、自分次第で仲良くも、仲悪くも出来る。
僕らは、自分の意思で仲良くを選んだ。
何気ない、ひとこと、それが、相手を癒し、勇気づけ、傷つけることがある。
傷つけた場合は、謝ればいい。
わざとじゃないもの、人によって傷つくことは、違うさ
だから、謝ればいい。


人を好きになるって、つながるってこうゆうこと♪

みんなとみんなの周りのひとが愛で満たされ幸せでありますように

またね♪

by tetsubin4 | 2014-04-20 15:36
2014年 04月 20日

3月24日(月)~卒業byかまち

■■【活動内容】
卒業公演無事終演。
■■【感想】
初めて劇団showと関わりを持ったのは1年の秋学期に履修した演劇の授業。最初はただ単位のためにやってたっていうのが正直な所で、ここまで2期生メンバーと交流を持てるとは思ってもみなかった。劇団showに入ろうと思ったきっかけは「天神さまのほそみち」を観て、もう少し演技を学びたいと感じたのと、今まで自分が経験したことのないものに挑戦したいなと思って劇団showに入った。

正式にいたのはたった1年弱と短い期間ではあったものの、考え深いものも多く、おーぷん3では「暴走族」で結構面白い役をもらい、「演技って面白いなー」と思った一方で改めて演劇の難しさを実感した。

そして初の公演となる「ビミョー」では演技力とかなり体力がいる役、飛び落ちコンビの落ち男をやり、後輩たちにまじり稽古したのも良い思い出であり、夏場で相方のウッディと大量の汗をかきながら稽古てたのも今思い返すと懐かしい。

「生きてるものはいないのか」では初のスタッフである演出部に所属した。この生きてるものはの中で自分にとって一番でかかったことはなんといっても椅子作り。最初は元々ある二つの椅子に似てるやつがないかとチーフのさっくとお互いの地元の家具屋を虱潰しに探し回ったけど結局なく、似た椅子を作ることになった。
演習室の外でひたすら何かしゃべっているまさるに眠そうなだーおーとで椅子作りに取りかかり、チーフ兼役者のさっくも稽古の休憩中に様子を見に来たりと個人的に椅子作りの他にも今まであまり話さなかったメンバーとの交流は結構充実した。そして椅子の磨きや色塗りはまさるとだーおーが率先してやってくれて無事椅子も完成。今後、この作った椅子いつまで演習室に置かれていればいいなと思う。

「カラフルメリィ」では舞監をやらしてもらい、苦労したことの方が多くあったがその分得られたものもある。
「カラフルメリィ」の後は就活の勉強をするため休部したので観客とし劇団showに関わること多くなった。そしてたまにシアターに行ったりすると暖かく迎えてくれらのも劇団showの良い所だと思う。

卒業公演は役者ではなく観客として参加させてもらったけど、観てていつか二期生で芝居やりたいなーと思った。
最後になるが、大学生活の中で劇団show二期生
メンバーに会えたことは一緒の宝だと思う。本当に皆ありがとう!


by tetsubin4 | 2014-04-20 15:29
2014年 04月 20日

3月24日(月)~オワリはじまり★byみゆい(嶺岸佑衣)

■■【活動内容】
▼二期生公演という卒業公演。
▼朝からスタッフ、合わせ練、ゲネプロ。今思えばハード。ハードすぎる。
本番終了後、後輩からのサプライズ笑 パーティ。そのあと打ち上げ。
ということで今までのことを思い出してみるわ。

■■【感想】
▼2010年4月。私は尚美学園に入学した。思えば高3の八月にはAO入試で特待←として合格が決まってたのよね。入学式。私は友達がいなかった。その前日のオリエンテーションも友達がいなかった。つまりぼっちだった笑
その入学式の時にゴンちゃんが元気よく劇団SHOWのチラシをくれた。私は元々お芝居を見る世界に憧れだけあった。高校の時の仲良しな友達が演劇部の部長で公演を見に行った時にその子の芝居してる時の変わりようにびっくりしたのを覚えている。それで思った。芝居をやろうってね。だから新歓公演も行った。その時はもうみっきと友達だったから一緒に行ったんだった。実際SHOWの仮入部の初日もいた。こーせい、けんしゃる、よしお、まこ、ひか、さっく、めぐ、そーへい、りん、じゅんちゃん、ひろや、はるかがいたの覚えてるよ。でも、私はそん時入部しなかった。なぜなら強化部活か!と思ってしまった。仙台から出て来た私にとってどーしたらいいのかわからなくて最初は入るのやめた。でも授業は受けてたんだけど、コントがあまりしっくりこなかった。実際コントはあまり好きじゃない。それは今も変わらない(笑)
授業がコントなら本格的な芝居ではないと思った。本気で受けに来てた友達が残念だったと言っていた子がいた。実際私も思っていた。そんな満足をしないままある日友達に演劇をやるために尚美きたんだからやらなきゃ意味ないよと言われた。それでパッとSHOWに入らなきゃと思った。
▼入った当初は暖かく受け入れてくれたのを覚えてる。元々何人か知ってたけど、ひかとかめぐなんかすげー気さくに話しかけてくれた。さっくは授業でグループなった時なんも喋らず、さっくって読んでしか言わなかったのに、SHOWに入った瞬間喋ってくるようになって、マジでなんだこいつって思った(笑)
私が入ってからの最初の芝居は生きものだった。役が発表されたとき私の名前はなかった。泣きそうになった。でもそれもしょうがない話で半年分は大きいんだと思った。それを気遣ってくれて先生が私のことを龍先輩提案してくれて役を作ってくれた。稽古はやっていてもしっくりこなかった。わかんないけど。ダンスチームは好きだったよ。そんな時に東日本大震災があった。地震があった瞬間、なんとなく震源は宮城県だと思った。帰りみんな帰宅難民になった。その時点で私の家に泊まることが勝手に決まってた。自転車借りて温泉行く奴もいればあんな狭い私の部屋にぎゅうぎゅうよってスマブラをやるやつもいて、のんきに人んちのロフトでゴロゴロするやつもいて。マジで私が家族と連絡取れない中でみんな呑気すぎてムカついた。今だから言えること。そんな中でりんちゃんとめぐには救われた。連絡とれない私を心配してくれて家のこといろいろやってくれた。まさよし先輩も心配して連絡くれたっけな。そん時に津波が起こって母親の仕事場に津波が来たことを知った。血の気
が引いた。その映像でみんなも我に返っていた。地震の被害を理解したこと。連絡とれたのは4
日ぐらい後だった。そして生きものも中止になった。
2年生。後輩がはいってきた。めっちゃ大勢。しかも一人ぐらし組も多かった。おーぷんコントではえりと光太郎と人身事故。そっから先生にも芝居でいじられるキャラとして使われるようになった。サークル帰りはじゅんちゃんといたね。いっぱいお話ししていやぁー濃かったなぁ。文化祭はビミョーでお母さん役だった。マジで苦戦した。先生にこんなに突っ込まれ、途中やりたくなくなった。チーム中も男子はなんもしゃべんないし、女子はぐちぐちうるさいし。めんどくさかった、一番大変なのはめぐなのになんも助けてられなくてごめんね。でも本番ははっちゃけた。2日連続で同じところを噛んだのはびびった。けどそれもいい思い出な文化祭だったな。12月生きもの再公演。前よりもパワーアップした感じ?あれよかった。今はもうネタだけど、千秋楽のリハ前に腹痛で救急車に運ばれた。なるみに盲腸とかいわれて、病院に運ばれる始末。本番ギリギリまで医者とか看護師さんにお願いした。一筆かけば戻れるとこまでのとこで、一人の男が止めた。</b>あいつの権限がなぜか上だった。クソムカついた。お前に関係ないだろと思ったけどあいつが止めた。うざかった。夕方にシアターに戻ってからは涙がとまんなかった。ダンスチームは私のせいでセリフを変わるハメにもなったから頭が上がらなかった。けれど、暖かく迎えてくれた。そこに本当に感謝する。この劇団は暖かい空間だなと思った。三月公演カラフルメリィ。役者にはならなかった。スタッフに回ったけどそん時体調を壊しすぎてサークルも休みがちだった。チーフのあやかには申し訳ない気持ちでいっぱいです。ごめん。初めてみんなを前から見た気持ちは羨ましかった。思えば、自分はおまけの存在ならなかったのかなと思うようになった。みんながキラキラしすぎて私はポツンと役者に対する気持ちが衰退して行った。
▼3年生。新歓コントやったね。仙台の子が2人入って嬉しかった笑 そして後援会公演で舞台監督やった。今思うとボロボロだった。なんも知識ないのにちょこまかしてたから迷惑すごいかけたね。いやー本当に申し訳なかった。文化祭も衣装メイク小道具のチーフやった。なぜ私やったんだろ。さっくと2人だった。本当になぜ私がチーフだったんだ。本当にこれもグダグダすぎて役者にも他の人にも迷惑かけっぱなしだったわ。私スタッフワークもっと勉強するべきだったなぁ。12月公演で一年ぶりに役者やった。妊婦だった。マジかよって思った。もぎちゃんやゆりとやるのはすげー変な感じでなにより演出けんしゃるが戸惑った。まぁでも楽しかったけど、うまくできない自分に葛藤し、最後の一週間では毎日帰りのミーティングで私が芝居の悪い例として出されてたのがすごい嫌だった。本番終わってもまだ言われて悔しすぎて泣いた。自分で試行錯誤してがんばったとおもってただけなのかなと思った。そしたら役者に対する気持ちがなくなった。もうやりたくないと思った。年明けてからは、三週間ニュージーランドの語学研修のためバイト専念のためにサークルにはほとんど顔出さなかった。帰国してからちょっと本番手伝ったくらいだったかな。
▼四年生。就活を理由にサークルいかなかった。ここで私は長期留学するか悩んでいて。演劇をやる気持ちは全くなかった。むしろもういいやっていう状態で留学の思いが強かった。卒業公演をやるって話もその時にはあってでも、わたしをそれを出ないで留学する方向を選んだ。それでも他の人たちよりサークルには顔出してた方だと思うんだけどね。結局留学が決まって、そっからはバイトばっかしてた。そん時によしおからBLカフェの話が持ち込んだきた。マジかよって思った。OPCでやんのかとマジで思った。いや、あれはあれで楽しかったけどなんとも言えぬぬるーい感じだったな。それが私の最後の役者だと思った。そして旅立った。
▼ニュージーランド留学中、二期生公演のLINEに加入された。そして当初は2月にやる予定を3月にするとめぐから言われた。その他もろもろ詳細言われて、マジかよと思った。めぐとLINEも電話もいっぱいした。めぐはやるよ!しか言わなかった。正直こいつだるいと思った笑 いろんな葛藤があってじゅんちゃんに相談したりだとかあって。結局やるって決まってから連絡がなくなってた。正直やらないだろうと諦めてた。こーせーからのLINEで確信した。もう無理じゃんて。でもそれでもやるって決まったとき、最初私はやらないつもりでいた。けれどみんながLINE更新してく中でみんながやるなら1人でも多い方がいい。そしてハモろうと思ったんだな。ニュージーランド帰国日から本番まで一週間だった。ニュージーランドを振り返る暇なんてなかった。帰国して3日目には合宿。でもこの合宿予想以上に楽しかった。みんなでご飯。みんなで意見だしあって夜まで稽古。二日目の夜はみんなでお酒飲んで語ったね。いやーよかったわ。前日の南古谷の稽古もあまり人いなかったけど、楽しかったね。本番まであっと言う間。ニュージーランドはスローライフだから日本はやっぱり早く感じるよ。本番はさ、なんか気持ちが軽かった。素敵だったよ。私が登場しただけで笑うんだもん。最高な大学生活の終止符でした。
▼最後にありがとう。さよならは言いません!!SHOWで出会ったたくさんのこと。学生生活の中でも大きかったよ!!また会おう!かりゆし58の歌詞をみんなに送ります!

「オワリはじまり」

もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい
親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

夕飯時 町 人いきれ「ただいま」と「おかえり」の色
せわしない 木漏れ日 花びら「おはよう」と「さよなら」の音

ありふれた日々が 君や僕の胸に積もって光る

もうすぐ今日が終わる やり残したことはないかい
親友と語り合ったかい 燃えるような恋をしたかい
一生忘れないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

今 動き始めたものや もう二度と動かないもの
今 灯り出した光や 静かに消えていく光

この夜の向こうで 新しい朝が世界に降り始めている

旅立ちの時はいつだって少し怖いけど
これも希望のかたちだってちゃんと分かってる
思い出に変わるのはきっと最後の最後さ
笑って「さよなら」を言えたらいいな

またすぐ明日に変わる 忘れてしまっていないかい
残された日々の短さ 過ぎ行く時の早さを
一生なんて一瞬さ 命を燃やしてるかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい

もうすぐ今日が終わる もうすぐ今日が終わる
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい




また会おうね!!みゆいより

by tetsubin4 | 2014-04-20 14:55
2014年 04月 17日

4月17日(水) 新人公演稽古!byくぼっち

4月17日(水) 新人公演稽古!byくぼっち_a0137821_1728996.jpg


二期生最後の日誌読んで泣きそう。いよいよ新人公演だよ

■【活動内容】
▼台本の役者の振り分け
▼各チーム分かれて稽古。

■【感想】
▼ついに、新人公演の稽古を実施いたしました! まだ仮入部期間ですが、本入部で所属したら、六期生になるのかな? はやいなぁ、、もう六期生まで言ったのか、六期生は演劇部出身。演技経験ありの子達が多いとか。これは機体ができますぜぇ。本番どうなっているのかとても楽しみです。最初は稽古日程的にキツくやらないつもりであったが、去年の新人公演を楽しかったと五期生達は言っていた。少し大変だが、でもやろう。やりたい。という気持ちになった。演劇だもの。いやわからないけど、俺らも負けないよう頑張らねば。何故かスタッフ緊張するなー どういうプランにするか。考えるだけでも楽しい。
▼二期生が卒業し三期生が引退。俺らが背負って行く形になったこの1年どうなるかわからないが頑張って行きたい。

by tetsubin4 | 2014-04-17 10:04
2014年 04月 17日

4月14日(月)~新入生仮入部!!☆byげれん

4月14日(月)~新入生仮入部!!☆byげれん_a0137821_1034769.jpg


【活動内容】
▼仮入部スケジュール説明、1年生と交流、自己紹介タイム

【感想】
▼3日間に渡り行われたワークショップを無事終えて、初の一年生達とのご対面。3日間連続で来てくれた子もいれば、1日だけの子など、だいたい10人前後の参加率であったワークショップ。
はたしてどれくらい来るのかと待っていると、、なんと
20人近くも来てくれた!
みんな演劇orSHOWの活動に興味があるようだ!
全員入部ってわけにはいかないかもだけれど、多い人数で一緒に活動していきたい!!
▼自己紹介タイムの時は割と盛り上がり、個性的な子たちばかりでこれからが楽しみに思えた!
けっこう明るい雰囲気の新一年生達で先輩である自分らももっと負けないように元気とやる気と技術を提供していきたい!
稽古頑張ろう!!

by tetsubin4 | 2014-04-17 10:02
2014年 04月 17日

3月24日(月)~題名はなくていいです。★byりん

■■【活動内容】
▼劇団SHOW二期生の卒業公演やりましたのん。
▼愛する先輩と後輩と同期と、愛するお客様とで作られた空間!ただ若林先生がこの空間にいなかったことが唯一の心残りかな。

■■【感想】
▼東洋大学がきまってたのにムズムズしてて、人生は縁だと思ったけど、どこからともなく尚美学園の演劇ってのが耳に入ってきて、最後の最後に行ってみようてOPC来て、演習室でごんちゃんが、若林先生はホームレスの気持ちになるとかいってホームレスになってみた人って話をされたの。その瞬間に魂くすぐられて、ここにしたい!って母に言ったことが劇団SHOWとの出逢いの初まりだったなー。
▼ここに入るから大学ここにしたのに、いざ劇団SHOW入ったら、うっわ友達になれないタイプの人間いっぱい、その空間が息苦しいからお面かぶって明るい楽しいりんを演じていた。でもそんな自分が情けなくて毎回、記念館の外で泣いてから中に入ってたや。今となっては爆笑だね。特に女子はやばかった。何度も言うけどみっきとか大嫌いだっし、基本みんなに最初はりん絶対仲良くなれないと思ってわー!いわれたし、りんも感じてたよ。どう、みんなの心のなかに踏み入れていいかわかんないんだもん。めぐとずっといた。あとよしおにホワイト餃子で泣いて話して、極めつけはけん。あほみたいに同じこと思ってて救われたな。ここら辺で、みんなじゃなくて、自分が心のシャッター下ろしてたんだなって気がついて、もー、そのままのりんでパーンってなった日があって、それからすんごいみんなと繋がることが楽しくてしょうがなかった。ここだけ未だになんでパーンってな
れたかわからないんだ。20年後くらいに分かるといいなぁ。
▼最初りゅう先輩の演出でこーせいとひろやとやった。なんもワクワクできなかったけど演出無視してやった時と、ひろやがタラッタタラッタタってシーンだけ楽しいーって思ったの覚えてる!おーぷんでは体育会系のカルチャーショックで、みんなにイライラしまくってじゅんぽと一緒に寝て毛布かぶって泣いたな。天神はとぼけんのが最強に快感だった。りんの芝居の原点てきな。まゆか先輩が毎度寝ててうけたのとチームで対抗心メラメラだったのとか懐かしいわ。あの、いきなり演技したりさ、あれ?って始まるじゃん?それが大好物、帰りの埼京線とかで毎回やってた気がする。あとね、演劇ってさ、なんか役になりきると自分がすごい見える。それがたまらなくいい。
▼いや細かいこと書いてると本当に太陽でてきちゃうけど、生きものかな?生きものね。すーぱー楽しかったよ稽古。りゅう先輩が役者として入り込むこと教えてくれたというか、みんな一生懸命だったんだろな。だから楽しかった。ひかと芝居通して密な関係ができて芝居でこんな人とつながれるのかと実感した。あとみんながみんなの台詞覚えてて勝手にやるやつ。笑顔でさらば!!にっ。てやったとき生きててよかったーて本気で思った。
▼ここらであれなんだけど、ミーティング大嫌いだった。なんかさ言葉選ぶのとか、どー言っていいとか、発言しにくい空気でそんなばっかだった。お尻痛いし若林先生話長いんだもん。でも振り返るとミーティングの大切さすんごい感じる。これって社会とか人と何かしたりする上ですごい訓練なった。公開処刑!笑。たぶんこの先、意見交換の場で自分がしてる姿とかってここで培われたものかなって思うもん。こゆ中での、なんてことない若林先生の話もタメになるものとかりんにはいっぱいある。それで父のこと受け入れられたり、自分の中のだめ自分をさらけ出して笑えたりできるようになった。
▼さ、カラフルメリィーいきますのん!ボキ杉田。知ってる?りんはね、すんげーヘラヘラしてるのにいつ破裂するかわからない爆弾かかえて生きる杉田が大好きだったんだよ。今でもりんの中に生きてるし、こうして特別支援学校の先生になったけど、カンジャーがいつも笑ってりんのバックにいるよー。これも運命だから。さすが、まるぼしくんだけ最後の最後にボキにダメなことゆってきてくれたんだ。
▼スタッフのことね、小道具とか証明とか色んなのやったよ。このスタッフとか係りで引き受けることの責任と楽しさ学んだな。ビミョーは高橋ちゃーちゃんと糞みてーに糞みてーにやりきった。このくらいの表現で終わらせておくわ。
▼はぁー、もうなに書いたらいいかな?演習室って家より落ち着くくらいの時あったや。シアターもできたり、すごいね劇団SHOW。それから関わらないで海外にいったり就活して、離れた時期もあったな。とにかくずっと、何回も辞めようと思ったけど、こーなると愛しくなる。不思議な場所だよ。▼卒業公演はさ、合宿もやって、芝居どうこうの問題じゃなくて、みんなとの稽古たたきとかその空間が最高潮だった。いいとこはもちろん、ダメなとことかもけなして笑い合える関係がムイビエン。めぐが先頭たってくれてうちらの公演に先輩や後輩が協力してくれて、そのクソみたいな芝居だったかもしれないけど足を運んで観に来てくれる人がいて、なんてゆうか人間っていいな~と思った。舞台にはいなくても二期生全てをあの一本で感じてた。そーへいとかもちゃんといたしな。ゆるさが逆にすごい空気作り出してた。ありがとうで爆発します。あと、最後の大入りはなんかゾクゾ
クするものがあった。
引くべきして!もらうべきして!そうなってる気がした。
▼本当に本当にまだまだ書ききれない細かいこととか沢山あるんだけれどもさ、この時代にいきてて全国にこんだけある大学の中で尚美の劇団SHOWに集まってみんなに出愛えたことが奇跡そのもの。あんま悲しくないのは、30歳公演とか本当にやれるって自信あるし、いつもどっかで繋がってると感じれるから。演劇の力ってすげーよ。演劇っていうかりんてきに生きる源みたいなんに劇団SHOWでの日々の中で会えた気がするな。この出逢いがりんの人生におおくの変化をくれたよありがとう。愛してる。じゃ、またねー

by tetsubin4 | 2014-04-17 10:01
2014年 04月 16日

3月24日(月)~今までありがとう!劇団show★byひかりゃんか

■■【活動内容】
▼お~ぷんにてスイカ割とパスポート役者
▼学祭公演~天神さまにて役者と衣装
▼3月公演~生きてるものはいないのかで役者と制作
お~ぷんにて役者
▼ビミョーにて照明
▼生きてるものはいないのかで役者
▼カラフルメリイで衣装
▼新歓にて役者
▼お~ぷんにて照明
▼ゆずかぼにてブカン補佐
▼12月公演にて役者
▼お手伝い参加~
▼シアターにて卒業公演



■■【感想】
▼四年間を振り返って色々なことをしたなと思う。まあ、特にスタッフメインだったけど…でもたくさんの経験ができた!
▼一年生のときは正直サークル面倒くさいなーとか、辞めたいなーとか思った。天神さまとか役者やってたけど、どうしても役が掴みきれなくてもやもやしたし…めっちゃ楽しいとも思えなかった。だから辞めて別の道を進もうと思ったけど…一期生達に相談して辞めないことにした。あそこでちゃんと相談してなかったら多分私は辞めていたと思う。一期生のみんなありがとうございます!そのあと生きものをやって、ここに残って良かったと思えた。生きものは本当に楽しかった。りんとこーせいと組んだカフェ組…演習室前の廊下でよく練習したな。けど地震があって公演できないってなった時は悔しかった。会場とかもみんなで下見しに行ったりしたから余計にね。あそこで公演してたらどんな風になってたんだろ?
▼二年生になって後輩ができた。あまり関わりがなく…多分ビミョー辺りに後輩と絡み始めたのかな?ビミョーでは初めて照明を担当して、さらに初チーフだった。シアターが出来たばかりだから照明に詳しい人もいないし、本当に手探りでやってた。正直あの時は辛いと思ったことも何度もあって…オペ室でひっそり泣いた時もあった。でもいざ公演が終わって、打ち上げでみんなから『ありがとう』の言葉を貰えてすごく嬉しかった。スタッフをやって良かったなー。
ビミョーが終わって生きものの再公演が決まった。よっしゃーとやる気がすごかったのを覚えてる。メンバーはちょいちょい変わったけど…最高の芝居が出来たと思う。新しくカフェ組はきよきに変わって、りんと一緒によく演技つけてたと思う。りんとは芝居では対立してるけど、稽古の時はお互いに演技について悩んで相談しあってたなー。ほんとリョーコさんがりんで良かったよ!この生きものは前にやってた生きものよりさらにレベルアップしたものになった。スタッフが全部変わったし、あとダンスも加わった!うさぎちゃん楽しかったなー。本番入れたかった!お茶会やアルバイト面接とかりゅう先輩は色んなことを提案してくれて、でもそれがすごく楽しかった。
そして最後はカラフルメリイ。今までちょいちょい関わっていた衣装だったけど、初めてチーフをやった。なんか大抵チーフをやると辛くなるときがあるな一と思った。カラメリなんて正直何回徹夜してそのままサークルに行ったことか…。裏でも動き回ったし、買い出しも色んなところを行きまくった。まあ、それでも舞台に役者がたって自分が考えた衣装で演技してるとこを観ると感動してた。あとはさっくの早着替えがすごく大変だった。二人がかりで着せたなー。結構無理やりだったけど、失敗はなかったと思う。
▼三年生になって新歓でこ一せいの演出を初めて受けた。短い期間だったけど楽しかったなー。役者も女子だけだし、芝居も女子特有のものだったし!久しぶりの役者も楽しくできたと思う。夏はシロップの手伝いとゆずかぼのブカン補佐。シロップの時はカラメリ並みに裏を行き来した。夏だから動き回るだけで汗かいてたし。でも舞台に立ってる役者は照明にあたりながら動き回ってたから常に汗だくだった。そんな役者達のために着替えを持っていったり、身体拭いてあげたりと自分の仕事を頑張った。ゆずかぼはとにかく色んなスタッフに顔出してたな。音照は特に。でもやすたんもタカも最初はオペとか合わなかったけど、回数を重ねるうちに綺麗になってて、最後の方は口出しとかいらないなーってぐらい成長してて嬉しかった!
そして12月公演。ミツカチームで最後の役者…まほとは初めての芝居だったし、さっくとも全然芝居で絡めてなかったからすごく嬉しかった。ぬんぬん、ミツカを書いてくれてありがとう。四人で話し合いもしたし、まほん家でお茶会したな一。ミツカチームではハイテンション通しが一番面白かった。みんな活き活きしてたわ。そしてうちが勢いよすぎてさっくを押し倒してしまった……あの時はごめんね。この公演でアンケートとかに声が良かったって書かれて、あまり芝居やってないけど褒められたっていうのが嬉しすぎて、しばらく喜んでたと思う。
▼一応サークルは休部したけど、ちょくちょく顔は出しに行ったかな?そのたびに後輩達がちゃんと声かけてくれて、あーサークルはこんな感じだったなーと懐かしがってた。ひろえとかまほとかあやかとか三期生女子とはよく話したし、アタックともよく話したねー。スイミ一の買い出し係とか、12月公演の補佐とかちょっとしか関われなかったけどいい刺激になったよ。
そして最後は卒業公演。ちゃんと自分達の公演が最後に打てて良かった。芝居もスタッフもギリギリで仕上げたからボロボロだったけど、思い出に残る公演になった。手伝ってくれた後輩達ありがとう。やっぱり役者で出たかったなーて悔しい思いはあるけど、スタッフでも関われたことが良かったと思う。正直久しぶりすぎてキャットウォークに登って、灯体を吊りこむときとかこんなに不安定だったっけ?とビビりながら吊ってたわ。ピンスポも久しぶりだったけど…少しピントがずれるぐらいまでには調整ができたから安心した。
とりあえず次の公演は役者ね(笑)スタッフもちゃんとやるけどな!
あとは二期生全員揃って芝居やりたいっす!!

by tetsubin4 | 2014-04-16 12:43